CHIBA TRAIN NET

現在は模型中心。今後、過去も実車の写真・記事を少しづつ整理・リニューアルいたします。

東武線柏駅でリバティを見かけました。

f:id:chibatrain:20220222194908j:image

先日、仕事上のトラブル対応のため、柏に行きました。

柏に着いたのは夕方。

用事を済ませた後は、駅近くのカフェでパソコンを開いて.2時間ほど仕事をしました。

20時過ぎに仕事を切り上げ、カフェを出て駅に向かいました。

帰りは船橋経由で千葉に向かう為、柏駅の東武線改札に入りました。

ホームに出ると3両編成の500系リバティが停車しました。

自分は小学校から大学を卒業するまで柏に住んでいたので、旧塗装の8000系などが走っていた時代の東武野田線には馴染みがあったのですが、その頃は定期列車で特急列車が野田線を走るなんてことはありませんでした。

自分の中では、柏で東武の特急列車を見かけることが非常に不思議な思いでした。

東武野田線は、最近では「東武アーバンパークライン」と言うそうですが、時刻表を確認すると、下り列車では平日は浅草発1本、大宮発が2本、柏行きの特急列車(アーバンパークライナー)が設置されています。

柏駅で見かけたのは20時ぐらいなので、おそらく浅草発の1号かと思います。

この列車は、6両編成で18:49に浅草を出発、春日部で大宮行きと柏行に分割し、柏行の3両は20:08にここに到着します。

通勤客の着席サービスを売りとした東武鉄道のサービス、定着するといいですね。

JR東日本も、衰退化する房総特急もリバティのように小回りの利く3両編成基本にして、「ささなみ」「わかしお」の併結、あるいは「しおさい」「成田エクスプレス」の併結など柔軟ができるのでは。

f:id:chibatrain:20220222194920j:image

リバティは、浅草から会津の実家に帰省する際に、3回乗車したことがあります。

座席そのものはごく一般的な特急用車両と同じ程度で、乗り心地は100系スぺーシアの方が上です。

日光・鬼怒川に行くなら、スペーシアの方がいいかもしれません。

f:id:chibatrain:20220222194928j:image

柏から自宅(千葉)へも戻る際、船橋までは8000系で移動。

久々の「昭和の電車」の乗り心地を満喫しながら、のんびり帰りました。

f:id:chibatrain:20220222194939j:image