CHIBA TRAIN NET

現在は模型中心。今後、過去も実車の写真・記事を少しづつ整理・リニューアルいたします。

Accessでの鉄コレ収納管理

f:id:chibatrain:20220227192040j:plain

増えすぎた鉄道コレクションの車両管理に困っています。

鉄コレの車両は、第2弾から第31弾まではすべてボックスで購入し、その他にもオープンパッケージや事業者限定品も沢山購入しています。

正確に数えたことありませんが、400~500両はあると思われます。

ブック型のケースを購入して収納するようにしているですが、それも追いつかず、200両ぐらいは未整理の状態になっています。

f:id:chibatrain:20220227192037j:plain

そのため、とりあえずExcelで一覧表を作って順次整理を進めているところです。

今回、新しいWindows11 のパソコンを購入し、Microsoft365を年間サブスクリプション契約としたことから、データーベースソフトのAccessが使用できるようになったので、Accessの勉強も兼ねて、今後これらの車両のデータベース管理に挑戦することにしました。

Accessは10年ぐらい前に仕事で多少触ったことがある程度で、使いこなせる言うほどの知識はほとんどありませんし、プログラムも分かりませんので、あまり難しいことはできません。

Accessを使えばいろんなことができそうですが、とりあえずはExcelで管理しているデータを移して、そこからカスタマイズして使いやすくしていこうかと思います。

f:id:chibatrain:20220227180332j:plain

現在Excelで作成した鉄コレのデータです。

とりあえず、これをAccessのテーブルに移行(コピー)しようかと考えています。

Excelの表には以下の項目があります。

  • 所属・区分 :国鉄または所属の私鉄会社など
  • 車両名   :形式名や製品名など
  • 編成    :編成数、何両編成なのか。数字
  • PG    :パンタグラフがあるか。Nゲージ用に交換しているか。
  • N化    :Nゲージ化しているか。
  • カプラー  :鉄コレ用のダミーカプラーか。Nゲージ用に交換しているか。
  • 収納    :車両をどこにしまっておくか
  • 適用    :車両の破損など、特記すべき記事欄

これらのデータを管理するテーブル名を「T_HeadDB」しました。

「T」は鉄道コレクションの意味です。

「Head」としたのは、このテーブルが編成単位でレコードを作成するテーブルであり、今後、その下に車両ごと(1両ごと)に管理するテーブルが必要になると思われるためです。

Excelの項目のうち、「PG」と「カプラー」のデータは車両ごとに管理する内容なので、このテーブルには移行しない(コピーしない)ことにしました。

また、「所属・区分」と「収納」については、マスタデータとすべき項目なので、別にテーブルを作ってリレーションシップで関連付けます。

テーブル名は、以下のとおり名付けました。(テーブル名は日本語でも大丈夫なのですが、一応、半角ローマ字にしました)

  • 所属・区分    :T_kubunMT
  • 収納・ロケーション:T_locationMT

f:id:chibatrain:20220227190233j:plain

この後はAccessの参考書を読みながら考えますので、今日はここまです。

情報システム関係の方、仕事でAccessを使っている方、自分は初心者なのでレベルが低い内容かとは思いますが、温かい心で見守って下さい。