CHIBA TRAIN NET

現在は模型中心。今後、過去も実車の写真・記事を少しづつ整理・リニューアルいたします。

【車両管理】ホームセンターのコンテナケース他

鉄道コレクションの所有車両をACCESSにデータを登録しながら、整理を続けています。

前回の記事:カテゴリーとロケーションデータ修正

事業者限定品については、パッケージも非常に凝っていて購入したときのまま保存したいので、ホームセンターで購入した写真のようなプラスティックのコンテナ2つに収納しています。

今回、ACCESSでデータベース管理をするにあたり、それぞれのケースに「事業者限定A」「事業者限定B」と名前を付けて、テプラでケースに表示しました。

「事業者限定A」のボックスには主に関東の私鉄の限定品を収納しています。

自分の場合、東武鉄道の限定品が多いです。

「事業者限定B」のボックスには、関西の私鉄の車両の他、一部関東の私鉄の車両も収納しています。

何故か、実車には縁のない京阪の車両が多いです。

キャスコの車両ケースを整理したところ、1ケース分余剰が出たので、18m級の車両を収納することにしました。

テプラで作った「18m級車両3」のラベルを貼りました。

今回、収納するオープンパッケージの車両です。

一部、若干隙間が空いている部分もありますが、とりあえず車両を収納、その分保管スペースを圧縮することができました。

ACCESSのデータ登録は地道に続けています。

鉄コレのヘッダーテーブルに「表示順」という項目を1つ追加しました。

★鉄道コレクションヘッダーテーブル(T_HeadDB)

  • T_HeadID
  • T_cate2_ID
  • T_lengthID
  • 鉄コレ車両名(編成)
  • 編成車両数
  • Nゲージ化(暫定)
  • T_loca2_ID
  • 記事欄
  • 表示順 ←このフィールドを追加
  • 更新フラグ
  • 削除フラグ

データメンテナンスのフォームに「表示順」の項目を追加、同じ鉄道会社の中でデーターを「表示順」の昇順に並べ替えて表示するようにしました。

今回はここまでです。