CHIBA TRAIN NET

現在は模型中心。今後、過去も実車の写真・記事を少しづつ整理・リニューアルいたします。

【Nゲージ】12系

KATOの旧製品(カプラーが台車マウント)の12系です。

お座敷運転時代は6両+5両のフル編成で運用されていましたが、新レイアウトでは最大20m級8両編成までの列車しか乗り入れできないため、車両を持て余し気味となっていました。

今後、当鉄道の旅客指定機関車・客車にマグネティックナックルカプラーが順次導入されることとなったことから、11両はA編成(5両編成)とB編成(6両編成)に組成されました。

A編成は中間連結器がKATOナックルカプラーに換装され、緩急車の機関車との連結面にはマグネティックナックルカプラーが装備され、ゆうづる駅構内での自動解放が行われるようになりました。

B編成は、当面は既存のアーノルドカプラーのままとされ、マグネディックカプラーの装備されないTOMIX機・マイクロエース機の牽引により運用されます。

A編成(5両編成:マグネティックナックルカプラー対応車)

スハフ12+オハ12+オハ12+オハ12+オハフ13の5両編成です。

連結器はKATOナックルカプラー(緩急車の片エンドはマグネティックナックルカプラー)に換装されています。

品番:5016 スハフ12

品番:5015 オハ12

品番:5017 オハフ13

スハフ12の前面の様子。

オハ12の妻面の様子

オハフ13機関車連結側側面の様子

B編成(6両編成:アーノルドカプラー対応車)

スハフ12+オハ12+オハ12+オハ12+オハ12+オハフ13の6両編成です。

連結器は導入時のまま、アーノルドカプラーを装備しています。

品番:5016 スハフ12

品番:5015 オハ12

品番:5017 オハフ13

スハフ12の前面の様子。

オハ12の妻面の様子

オハフ13機関車連結側側面の様子