CHIBA TRAIN NET

This blog is a record of my hobby of railroads and model trains.

鉄コレ車両データ登録・参照フォーム(画面)の作り込み

鉄道コレクションの詳細データについては、マスタ関連のテーブル・フォームの作り込み作業が前回まででほぼ完了しました。
今回は、詳細データの登録・参照フォームを作ります。

前回の記事:パンタグラフマスタとカプラーマスターの変更

このフォームでは、鉄道コレクションの編成単位の情報を1画面で表示します。

メインフォーム(T_DB_entry02A:単票フォーム)の上部分にヘッダーデータ(T_HeadDB)を表示し、その下部分にサブフォーム(T_DB_entry02B:帳票フォーム)を組み込んで詳細データ(T_detailDB)を表示します。

まず、その前に前回追加したテーブルとのリレーションを含め、鉄コレ詳細データのテーブルデザインを一部変更します。

★詳細テーブル(T_detailDB)

  • T_detailID(主キー)
  • T_HeadID
  • 鉄コレ車両名
  • 品番
  • PG1_T_pgID
  • PG2_T_pgID
  • T_couplerID ⇒「T_coupler1ID」に変更
  • 【追加】T_coupler1記事欄 テキスト型
  • 【追加】T_coupler2ID   数値型(ルックアップ:T_coupler2MT)
  • 【追加】T_coupler2記事欄 テキスト型
  • T_motorID
  • 記事欄
  • 表示順
  • 削除フラグ

T_detailDBのデザインを変更しました。

まず、サブフォームの「T_DB_entry02B」を作りました。

フォームのデザインは中途半端ですが、必要なテキストボックスの追加など、詳細の作り込みはあとで行います。

メインフォーム(T_DB_entry02A)を作りました。

ヘッダーデータを表示・入力するテキストボックスをフォームの上側に配置した、下半分はサブフォームを差し込むスペースとしました。

メインフォーム(T_DB_entry02A)の下部分に、サブフォーム(T_DB_entry02B)を差し込みました。

メインフォームをフォームビューで表示した様子です。

イメージをつかむため、詳細の車両名を正しいデータに入力しなおしました。

サブフォーム(T_DB_entry02B)の作り込みを行いました。

1レコード分の詳細データの項目が多すぎて、1行にまとめられず2行になってしまいました。

メインフォーム(T_DB_entry02A)を修正、サブフォーム(T_DB_entry02B)が見やすく表示されるように手直しを行いました。

今回はここまでです。