CHIBA TRAIN NET

This blog is a record of my hobby of railroads and model trains.

機関車カプラーマスタのテーブルとフォームの作成

現在、「Nゲージ機関車」を管理する仕組みを構築中で、前回までの作業でマスター万連のテーブルの作り込みを行いました。

今回は、カプラーマスターのテーブル・フォームの作成を行います。

前回の記事:Nゲージ機関車/マスタテーブル作成(所属・メーカー他)

まずはカプラーのマスタテーブルですが、鉄道コレクション同様、二つ同じものを作ります。

★カプラー1テーブル(K_couplerMT)

  • K_couplerID(主キー)オートナンバー型
  • メーカー      テキスト型
  • カプラー名     テキスト型
  • 記事欄       テキスト型
  • 表示順       数値型
  • 削除フラグ     数値型

★カプラー2テーブル(K_coupler2MT)

  • K_coupler2ID(主キー)オートナンバー型
  • メーカー      テキスト型
  • カプラー名     テキスト型
  • 記事欄       テキスト型
  • 表示順       数値型
  • 削除フラグ     数値型

K_couplerMT(カプラー1テーブル)を作成しました。

とりあえず、K_couplerMTに1レコードのみデータを登録しました。

K_coupler2MT(カプラー2テーブル)を作成しました。

K_coupler2MTにも1レコードのみデータを登録しました。

フォームは、鉄道コレクションのカプラーマスタに準じたものを作ります。

まずは、カプラー1のマスタ(K_couplerMT)を表示するサブフォーム(K_couplerMT_entry01B)を作りました。

続いて、カプラー2のマスタ(K_coupler2MT)を表示するサブフォーム(K_couplerMT_entry01C)を作りました。

メインとなるフォーム(K_couplerMT_entry01A)を作成しました。

メインフォームにはカプラー1のサブフォームと(K_couplerMT_entry01B)とカプラー2のサブフォーム(K_couplerMT_entry01C)を組み込みました。

メニューフォーム(MENU01)に今回作成したカプラーマスターのフォームを開くボタンを追加しました。