CHIBA TRAIN NET

This blog is a record of my hobby of railroads and model trains.

所有機関車データ管理(入力)フォームの作成

現在、「Nゲージ機関車」を管理する仕組みを構築中です。

前回までの作業でマスター万連のテーブルの作り込みを行いました。

今回は、実際の機関車データを書き込むテーブル・フォームの作成を行います。

前回の記事:Nゲージ機関車/マスタテーブル作成(所属・メーカー他)

 

「Nゲージ機関車」を管理するテーブルのデザインは以下のようにしました。

★Nゲージ機関車テーブル(K_detailDB)

  • K_detailID(主キー)オートナンバー型
  • 機関車名  テキスト型
  • 品番    テキスト型
  • K_company_ID ルックアップ K_companyMT(鉄道会社)
  • K_cate2_ID ルックアップ K_cate2(カテゴリー)
  • K_loca2_ID ルックアップ T_loca2(ロケーション)
  • K_makerID ルックアップ K_makerMT(メーカー)
  • K_pgtype_ID ルックアップ K_pgtypeMT(パンタグラフ1)
  • K_pgtype2_ID ルックアップ K_pgtype2MT(パンタグラフ2)
  • K_couplerID ルックアップ T_couplerMT(カプラー1)
  • K_coupler2ID ルックアップ T_coupler2MT(カプラー2)
  • 実車説明 テキスト型
  • 製品の状態 テキスト型
  • 記事欄 数値型
  • 表示順 数値型
  • 削除フラグ 数値型

早速、テーブルと実際に使用するフォームの作成と、実データの入力(まずは1件)までを行います。

機関車の詳細データを書き込むテーブル(K_detailDB)を作りました。

作成したテーブルにテストデータを1レコード作りました。

機関車データを一覧に表示するフォーム(K_DB_entry01)を作りました。

機関車のデータを入力・表示・管理するフォーム(K_DB_entry02)を作りました。

実際にはこのフォームをメインで使用することになります。

一覧のフォーム(K_DB_entry01)から詳細のフォーム(K_DB_entry02)を表示させる「詳細」ボタンを追加しました。

この一覧フォームで参照したいデータ(レコード)を選択し、「詳細ボタン」をクリックすると、選択したデータの詳細が表示されます。

それと、この一覧画面を終了させる「閉じる」ボタンも追加しました。

詳細のフォーム(K_DB_entry02)に「閉じる」ボタンを追加しました。

新規で詳細フォーム(K_DB_entry02)を開くマクロ(K_DB_entry02_OPEN)を作りました。

一覧のフォーム(K_DB_entry01)上記で作ったマクロ(K_DB_entry02_OPEN)を実行するボタンを追加しました。

この「新規」ボタンをクリックンすると、詳細のフォーム(K_DB_entry02)が追加モードで表示されます。

メニューのフォーム(MENU01)に一覧のフォーム(K_DB_entry01)を表示するボタン「機関車一覧」を追加しました。

テスト用に入力したデータを修正し、所有するKATO EF65 500番台のデータに書き直してみました。

次回以降、手持ちのNゲージ・鉄コレの機関車の詳細データを順次入力してみます。

今回はここまでです。