CHIBA TRAIN NET

This blog is a record of my hobby of railroads and model trains.

所有機関車詳細データフォームの手直しと、マクロの追加

ACCESSによる所有機関車用のデータ管理の仕組みは一応できたので、とりあえず所有機関車の登録を進めています。

実際に自分で使ってみると手直ししたい点が出てくるので、都度直しています。

今回は、新規登録後の一覧表示で簡単な修正を行いました。

所有機関車の一覧を表示するフォーム(K_DB_entry01)で、更に機関車を追加登録を行うときは「新規」ボタンを追加します。

機関車の詳細データを登録・修正・参照できるフォーム(K_DB_entry02)が追加モードで表示されるので、必要な情報を入力します。

入力したら、「閉じる」ボタンをクリックします。

登録を行った詳細フォームが閉じて、元の一覧のフォームが表示されますが、ここに新規で登録したデータが表示されていません。

この一覧のフォームは、詳細データのフォームが表示された後も別に閉じたわけではないので、当然のことではありますが・・・

一覧の画面を閉じて再度開くと追加されたデータは表示されます。

ただそれだけのことですが、データを追加したフォームの再表示を行うのは面倒なので、マクロを作り、詳細フォームのボタンを押したときにマクロが実行されるように修正します。

一覧フォームの再表示をするマクロ(K_DB_entry02_close)を作りました。

このマクロは以下のことを実行します。

・詳細フォーム(K_DB_entry02)を閉じる

 ↓

・一覧フォーム(K_DB_entry01)を閉じる

 ↓

・一覧フォーム(K_DB_entry01)を開く

詳細フォーム(K_DB_entry02)をデザインビューで開き、「閉じる」ボタンをいったん削除しました。

あらためて、このフォームに今回作ったマクロを実行するボタンを追加しました。

追加したボタンの文字は「閉じる」としました。

「マクロ」を実行するボタンが追加されました。

これで、詳細フォームを閉じると、一覧のフォームが再表示され追加したデータが一覧画面に表示されるようになりました。