CHIBA TRAIN NET

This blog is a record of my hobby of railroads and model trains.

【Nゲージ】583系

583系は、1968年に登場した3電源対応(直流1,500V/交流50・60Hz20kV)特急形寝台電車で、国鉄時代には東北・九州・北陸などの主要幹線で昼夜を問わず活躍、その詳細はいまさら説明不要かと思います。

自分が子供の頃は柏に住んでいたこともあり、寝台特急「ゆうづる」や「みちのく」で活躍する583系には非常に馴染みがあり、485系ボンネット車とともにお気に入りの車両です。

寝台スペース確保のため車両限界いっぱいまで広げられた高い屋根の車体、窓回りを青とした塗装、折り戸式の扉などが、他の国鉄特急形電車とは異なる特徴となっています。

前面の貫通扉はこの車両(正確には581系ですが・・・)が最初で、その後他の特急形電車にも普及しましたが、デザイン的に車体と一番マッチしているのは583系(581系)だと思っています。

Nゲージでは、20年以上前に購入したKATOの旧製品を所有していて、当初は12両編成でお座敷運転で走らせていましたが、新レイアウトでは8両編成までしか入線できないため、短編成化が図られ中間車4両が廃車(ポポンデッタ売却)となっています。

動力も旧製品のためか、当鉄道レイアウトの勾配区間を上るのが多少苦しそうですが、現在もライトは点灯し、良好な状態で保っています。

ヘッドマークは「はつくる」を選択しています。

↑ クハネ583ー18

↑ サロ581ー4

↑ モハネ582ー106

↑ モハネ583ー106

↑ サシ581ー7

↑ モハネ582ー11

↑ モハネ583ー11

↑ クハネ583ー6

↑ クハネ583ー18 前面の様子

↑ クハネ583ー18 運転台側面の様子

↑ モハネ582 パンタグラフ付近の様子。

↑ 台車の様子

↑ クハネ583-6 運転台付近の様子。