CHIBA TRAIN NET

現在は模型中心。今後、過去も実車の写真・記事を少しづつ整理・リニューアルいたします。

2018-03-02から1日間の記事一覧

【鉄コレ】 新潟交通 モワ51

新潟交通モワ51は、1933年の路線開業時(当時は新潟電鉄)に、軌道線・鉄道線直通用として製造された貨物列車用の車両で、旅客用のモハ11形・クハ31形などとともに登場しました。 これは、貨物の輸送量が多く見込まれなかったため、電気機関車では…

【鉄コレ】 新潟交通 モハ11

新潟交通モハ11は、同社のモハ10形電車のグループに属します。 モハ10形は、1960年代に車体の近代化のために在来車の機器を流用して製造された、「日車標準車体」のひとつで、1933年に前身である新潟電鉄が開業したときに新造されたモハ11形…

【鉄コレ】  富山地方鉄道 14760形 ②

10760形は、デビュー当初白色とグレーの塗装にあずき色のラインが入ったカラーリングでしたが、その後一部の編成は、上半分が黄色で下半分が緑の新塗装に変更されています。 鉄道コレクションでは、この新塗装車のうち、モハ14769+モハ14770…

【鉄コレ】 富山地方鉄道 14790形

10790形は、1955年に富山地方鉄道初のカルダン駆動電車として登場し、日本車両製造で新製されました。当時は、14770形とされ、制御電動車のモハ14771と制御車のクハ171の計2両が製造されましたが、後にクハ171急行系カルダン車の…

【鉄コレ】  富山地方鉄道 14760形 ①

14760形は、同鉄道初の冷房車として1979年に登場、日本車輌製造製で、1981年までの3年間に2両編成×7本(14両)が製造されました。 車体設計は1964年に製造した10020形のレイアウトに準じ、車体長は18m級となりました。 前面は…

【鉄コレ】北陸鉄道 6000系

北陸鉄道6000系は、山中温泉への行楽客を対象とするクロスシート車として、1962年に山中線に導入されました。日本車輛製造で2両編成1本のみが製造され、主に山中-大聖寺間で山中線の看板列車として運用されていました。車種構成は、クモハ600…

【鉄コレ】北陸鉄道 8000系

北陸鉄道8000系は、元京王電鉄3000系で、浅野川線用として1996年と1998年の2度にわたって譲渡されました。浅野川線では、8000系の導入(1996年)に合わせて架線電圧が直流600Vから1500Vに昇圧されました。8000系のタ…

【鉄コレ】 京福電気鉄道 モハ1003

京福電鉄のモハ1001形モハ1003は、福井支社で運用されていた車両で、1949年に日本車輌製造製の自社発注車です。 その他、詳細をいろいろ調べていますが、この車両に関する資料がなかなかみつからず、まだ良く分かっていません。 (名鉄3800…

【鉄コレ】 京福電気鉄道 モハ3001形

元は南海電気鉄道の11001系で、 架線電圧昇圧で余剰となったものを京福電鉄が譲り受けたもので、1973年から1974年にかけて、2両編成8本(及び部品取り用で1両)が導入されました。 制御方式は抵抗制御で、駆動装置は中空軸カルダン駆動方式…

【鉄コレ】 京福電気鉄道 ホデハ260形

ホデハ260形は、元は京王電気軌道(現:京王電鉄)400形で、1940年に日本車輌製造で10両が製造されました。 京王電軌では、1963年の架線電圧1500V昇圧時まで活躍しましたが、その後廃車となり、そのうち2402・2404・2408の…

【鉄コレ】 えちぜん鉄道 MC2204

MC2201形は、元は阪神電鉄のモハ3301形で、同鉄道で廃車になった後、えちぜん鉄道の前身である京福電気鉄道福井支社に譲渡され、モハ2201形として4両全車が1986年に入線しました。モハ3301形は冷房装置は搭載していたものの、他の車…