CHIBA TRAIN NET

This blog is a record of my hobby of railroads and model trains.

11:Nゲージ車両

【Nゲージ】オハ61系(記事更新しました)

太平洋戦争後の1947年に八高線で客車列車の脱線転覆事故が発生し、その際に使用されていた木造客車の車体強度が問題になり、1949年以降既存の木造客車から鋼製客車への改造が開始されました。 木造客車からは台枠・台車・自動連結器・自動空気ブレーキ機器な…

【Nゲージ】14系サロンエクスプレス東京

「サロンエクスプレス東京」は、1981年に当時の国鉄が導入した団体列車専用車両で、従来の和式(お座敷)客車に対して欧風客車と呼ばれました。 いずれの車両も14系客車からの改造で、車両の両端はスロフ14形700番台、中間車スロ14形700番台とされました。 …

【Nゲージ】583系

583系は、1968年に登場した3電源対応(直流1,500V/交流50・60Hz20kV)特急形寝台電車で、国鉄時代には東北・九州・北陸などの主要幹線で昼夜を問わず活躍、その詳細はいまさら説明不要かと思います。 自分が子供の頃は柏に住んでいたこともあり、寝台特急「…

【Nゲージ】EF57

EF57は、当時の鉄道省が東海道本線での優等列車のけん引を目的として導入した旅客用電気機関車で、1940年から1943年の間に17両が製造されました。 外観は2C+C2配置の大枠に箱型の車体を載せ、両端にはデッキを備えた当時の電気機関車のスタイルと踏襲してい…

【Nゲージ】EF65 500番台/高崎機関区

品番:92944(3両セット) 2000年代前半に高崎機関区に在籍していたEF65 500番台3両が、TOMIXの30周年アニバーサリーモデルとして2006年11月に限定発売されました。 製品化されたのは、当時在籍していた535・539・541号機の3両です。 この3両は元は196…

【Nゲージ】 C11

品番:2021 C11は、当時老朽化していた支線・区間運転用機関車の置き換え用として、国鉄の前身である鉄道省が1932年に設計・導入した過熱式のタンク式蒸気機関車で、1932年から1974年までに381両が製造されました。 C10をベースに設計が行われ、軸配置は1C2…

【Nゲージ】スハ43系①

スハ43系は1951年から国鉄が製造した一般形客車で、従来導入されてきたオハ35系と後に登場した軽量客車の10系の間に増備されていました。 なお。「スハ43系」とは国鉄が定めた正式な系列呼称ではなく、趣味的・便宜的な呼称です。 自分が子供の頃、まだ常磐…

Nゲージ 185系 踊り子号 ①

品番:10-443 185系は、急行形の153系を置き換える目的で1981年に登場した特急形電車です。 特急形でありながら、「通勤・通学輸送」にも対応させるという新しい試みで開発されれたことから、近郊型の117系をベースとした2扉転換クロスシート(登場時)で設…

Nゲージ 651系 スーパーひたち

品番:10-173 KATOの651系、旧製品です。 実車は、既存の485系置き換え、及び競合する高速バスへの対抗として1988年に登場、2012年に登場したE657系に置き換えとなるまで、常磐線の看板列車として活躍していました。 JR東日本発足後に新型式車両として登場し…

Nゲージ 401系

401系は、1961年の常磐線取手-勝田間の交流電化に合わせて導入された交流50Hz対応の交直流型電車で、九州地区には同時期に交流60Hz対応の交直流型電車421系が導入されました。 導入に際しては、1960年に量産先行試作車の4両編成2本が製造され、当初は宇都…

Nゲージ 415系/国鉄標準色①

子供の頃に何度も乗った一番馴染みのある電車の一つです。 2022年にKATOから基本編成4両と付属編成4両がそれぞれ再生産されましたが、415系としては既にKATO旧製品(基本+付属の8両編成)を所有していて、この編成も4両のみでレイアウトで走らせるつも…

Nゲージ 24系25形ブルートレイン

ブルートレインが自分が子供の頃の憧れの列車でしたが、Nゲージとしては今まで所有したことがなく、今回初めての購入となりました。 自分にとってのブルートレインと言えば、連想するのはやはりゴーサントー前後の黄金期、東京発着の寝台特急ですが、その中…

Nゲージ 京成3200形90番台「リバイバル開運号」

品番:A-6092 京成電鉄3200形のうち、3291-3298の8両は、特急「開運号」で使用されていた1600形の置き換え用と高性能化のために製造されました。 このため、車内はセミクロスシート仕様でトイレや車内販売準備室も設置され、側面の客用扉は3150形同様片扉と…

Nゲージ 183系(189系)特急しおさい

品番:A-0568 国鉄183系特急型電車は、元は1972年に房総特急用として登場した型式ですが、その後は上越線特急「とき」・伊豆向けの特急「あまぎ」等向の1000番台・横軽対策となるEF63との協調運転を施した信越本線特急「あさま」用189系など、バリエーション…

Nゲージ 京成電鉄3200形・更新車

品番:A-1876 3200形は、1964年に登場した京成初の両扉車で、1967年までに4両編成22本(88両)が導入されました。(うち8両は特急「開運号」用で片扉車として製造されました) 1985年以降は更新工事と冷房化工事が順次行われ、先頭車の運転席寄りの台車に…

【Nゲージ】EF65

EF65は、国鉄を代表する電気機関車のひとつで、実車は平坦線区向けの標準形式として1979年までに国鉄電機機関車史上最多の308両が製造されました。 特に500番台機(P型)と1000番台(7次車以降)は、ブルートレインの牽引機として人気が高く、詳細が今更説…

Nゲージ 485系 あかべえ

品番:A-2886 会津若松は、福島県屈指の観光地であり観光需要も極めて大きいのですが、新幹線が通らず首都圏からの直通列車がないこと、郡山からの磐越西線が単線山岳路線であり輸送条件がすこぶる悪いことから、現在そのシェアーの大半はマイカーと高速バス…

EH10

EH10は、東海道本線及び山陽本線の最大1,200t級の貨物列車牽引を目的として導入された、国鉄最大級の電気機関車で、国鉄としては唯一の8動軸機となりました。 本機が登場した1950年代前半は、東海道本線の電化工事が急速に進められていた時期ですが、大垣-…

Nゲージ ED17 2号機

品番:A2902 ED17は、元は東海道本線東京-国府津間電化開業に向け、区間旅客列車用として1923年にイギリスのイングリッシュエレクトリック社から輸入された電気機関車で、1040型として17両(1040 - 1056)が導入されました。 営業運転開始は1925年開始で、…

Nゲージ 京成電鉄スカイライナーAE形(初代)旧塗装

品番:A-0960 マイクロエース製の初代スカイライナー(旧塗装)AE形6両編成です。 実車は1972年から1978年までに6両編成7本が製造されました。 車体は京成車標準の18m級で、塗装はクリームとマルーンのシックなツートンからで、前面は「くの字」型の流線…

【Nゲージ】秩父鉄道デキ200型・500型

秩父鉄道での貨物輸送は、製品のセメント輸送が全廃されるなど長期低落傾向にありますが、沿線の武甲山や叶山で産出される良質な石灰石の輸送が現在も続けられています。 秩父鉄道では、同鉄道で運行される、C58 363 SL牽引のSLパレオエクスプレスの補機とし…

【Nゲージ】12系

KATOの旧製品(カプラーが台車マウント)の12系です。 お座敷運転時代は6両+5両のフル編成で運用されていましたが、新レイアウトでは最大20m級8両編成までの列車しか乗り入れできないため、車両を持て余し気味となっていました。 今後、当鉄道の旅客指定…

【Nゲージ】EF64 1000番台

EF64は、国鉄末期の1980年に登場、上越線や高崎線などで活躍していたEF58・EF15・EF16などの置き換え用として導入されました。 性能は基本番台とほぼ同じですが、各細部では大幅な仕様変更が実施され、特に雪害対策として車内の機器が大幅に変更された関係で…

【Nゲージ】EF64 基本番台

EF64は、従来のEF16などに代わる勾配区間用の「新性能電気機関車」として開発されました。最初に投入されたのは、奥羽本線の福島~米沢間で、1964年から1965年にかけて試作車を含む12両が製造され、板谷峠越えの輸送力増強に活躍しました。 当時この区間では…

【Nゲージ】EF60

EF60は、1960年に登場した平坦路線向けの直流型電気機関車で、1964年までに143両が導入されました。 国鉄では1958年に新型直流電気機関車としてED60・ED61が登場しましたが、この両形式で導入されたMT49形直流直巻電動機を採用したF形(動輪6軸型)となり…

【Nゲージ】DD51

DD51は当時の国鉄を代表する大形ディーゼル機関車で、1962年から16年に渡って649両が製造されました。 エンジンはV型12気筒でインタークーラーとターボチャージャーを装備したDML61Z(最大出力1100ps/1500rpm)を2機搭載し(初期車はV8型1000psのDML61S)、…

【Nゲージ】キハ30形

キハ35系は、都市近郊の人口増加に伴い急速に増加した都市近郊「路線の輸送力確保も目的として、1961年11月に登場しました。そのため、車体は3扉ロングシートとなり、側面窓はユニット窓を気動車では初めて採用、客用3扉や両開き扉も気動車初となりました…

【Nゲージ】ED61・ED62

ED61は、中央本線八王子-甲府間の輸送力増強と旧型(私鉄買収機関車や大正時代の輸入機関車等)の置き換え用として1958年から1959年にかけて18両が製造されました。 ED60とベースは同じですが、抑速ブレーキとして電力回生ブレーキが装備されるなど、急勾配…

【Nゲージ】DF50

DF50は、非電化亜幹線用として導入されたディーゼル機関車で、1957年に先行試作車が製造され、その後1963年までに計138両が製造され、1985年まで活躍しました。 動力伝達方式は、ディーゼルエンジン直結の発電機で発電した直流電力で主電動機を駆動する電気…

【Nゲージ】キハ10系

キハ10系気動車は、国鉄が1958年に開発した車両で、1953年までに728両が製造されました。 国鉄の量産形気動車としては初めて液体変速機を採用し、複数車両の総括制御が容易に行うことができるようになりました。 併結運転を前提とされたことから前面は貫通型…