CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】  東京急行電鉄 6000系

f:id:chibatrain:20170905161837j:plain

東急(旧)6000系は、1960年に5000系に代わる高性能車として導入した車両で、4両×5本の20両が製造されました。
運行経費・保守費の低減を図るため、車体は5200系での経験を踏まえて台枠以外をステンレスとしたセミステンレス構造とした他、電力回生ブレーキや1台車1モーター装備・2軸l駆動の台車の採用などが行われ、エコノミカルカーの愛称でも呼ばれました。
東横線田園都市線を中心に活躍を続け、晩年には一部の編成がVVVFインバータ制御の試験車ともなりましたが、1989年に全車が引退し、その一部は弘南鉄道に譲渡されました。
6000系は、電気品メーカーとその構造により、A編成(東洋電気製造製の電装品・駆動装置等を装備/4連×1本))、B編成(東芝製の電装品・駆動装置/4連×1本)、及びC編成(A編成の量産格の編成/4連×3本)に大別できますが、うち鉄道コレクションで製品化されたのは、C編成に分類される、デハ6005-デハ6106-デハ6105-デハ6006の編成で、このうちデハ6005-デハ6006は東急引退後は弘南鉄道に譲渡されたものです。

f:id:chibatrain:20170905161840j:plain

↑ デハ6005

f:id:chibatrain:20170905161843j:plain

↑  デハ6106

f:id:chibatrain:20170905161845j:plain

↑  デハ6105

f:id:chibatrain:20170905161848j:plain

↑ デハ6006