CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 伊勢鉄道 イセⅠ形

f:id:chibatrain:20180409201115j:plain

 イセⅠ形は、1987年1月に国鉄伊勢線の第三セクター転換により開業した伊勢鉄道が開業当初から導入した気動車で、3両が製造されました。

富士重工業製のレールバスLE-CarIIシリーズで、甘木鉄道AR100形や長良川鉄道ナガラ1形などと同タイプです。

両運転台、トイレなし、セミクロスシート仕様で、前面は非貫通構造で乗員室は中央に設けられました。

客用扉は折り戸式で、側面窓は扉間の中央部に設けられ、下半分が引き違い式、上半分が固定式の窓が6組設けられました。

外部塗装は白をベースとして窓下に三重県の海をイメージした3本線を配し、三重県地図をイメージしたデザインも施されました。

老朽化により、2003年から2004年にかけて後継のイセⅢ形に置き換えられ引退となりました。

鉄道コレクションではイセ1が第15弾のレールバスシリーズで製品化されました。

f:id:chibatrain:20180409201118j:plain

 ↑ イセ1

f:id:chibatrain:20180409201120j:plain

 ↑ 前面の様子。

f:id:chibatrain:20180409201123j:plain

 ↑ 運転台付近側面の様子。

f:id:chibatrain:20180409201126j:plain

 ↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20180409201151j:plain

 ↑  側面の様子。

f:id:chibatrain:20180409201154j:plain

 ↑ 客用扉は折り戸式です。

f:id:chibatrain:20180409201157j:plain

 ↑ 前面は非貫通型です。