CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 若桜鉄道 WT-3000形

f:id:chibatrain:20181111105442j:plain

若桜鉄道WT-3000形は1987年の同鉄道開業時に導入されたWT-2500形の更新・改造車で、3両が登場しました。

WT-2500形は、新潟鐵工所製のNDCシリーズで、4両が導入されました。

基本仕様は秋田内陸縦貫鉄道AN8800形と共通仕様ですが、こちらは暖地仕様とされました。

連結運転を考慮し前面は貫通扉が設けられ、運転席直後と反対側端に設置された客用扉は18m級NDCシリーズでは唯一折り戸式となり、扉間の側窓は上段固定・下段上昇式となりました。

車内は車体中央部に10組のボックスシートが設けられ、その他はロングシートとなりました。

各車両毎につけられた愛称(「さくら1号」~「さくら4号」)が前面貫通路上部に標記され、側面には沿線自治体のイメージイラストが描かれました。

各部品の老朽化に伴い、2002年から2003年にかけて3両が更新・改造工事を受け、エンジンや変速機・台車などの換装と車内各設備や客用扉などの交換・更新が実施され、WT-3000形となりました。(改造されなかった1両は廃車)

鉄道コレクションでは、このうちWT-3004(さくら4号)が第19弾で製品化されています。

f:id:chibatrain:20181111105445j:plain

↑ WT-3004

f:id:chibatrain:20181111105447j:plain

↑ 前面の様子。

f:id:chibatrain:20181111105450j:plain

↑ 運転席側側面の様子

f:id:chibatrain:20181111105452j:plain

↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20181111105522j:plain

↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20181111105525j:plain

↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20181111105528j:plain

↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20181111105530j:plain

↑ 屋根上中央部の様子。

f:id:chibatrain:20181111105533j:plain

↑ 反対側前面の様子。