CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】クモハ123‐5

f:id:chibatrain:20190310174738j:plain

阪和線用のクモハ123は、クモニ143からの改造により1987年に2両が登場しました。

側面窓は201系に類似した2段式窓で、改造当初から貫通扉が設けられました。

第1パンタグラフが撤去され、集中式冷房装置が搭載されました。

塗装は阪和線の103系に合わせた青色で、、運転台部分は黒色に塗装されました。

1995年にクモハ84形を置き換えるために岡山電車区に転属し、宇野線茶屋町-宇野間で使用されましたが、その際は塗装は変更されずカモメの絵が描かれました。

さらに2002年には宇部小野田線用として下関地域鉄道部(現:下関総合車両所運用研修センター)に転属し、クモハ42形を置き換えましたが、その際に塗装はクモハ123-2~4と同様のものに変更されました。

鉄道コレクションでは、第20弾で阪和線登場時の姿で5号車が製品化されました。

f:id:chibatrain:20190310174741j:plain

↑ クモハ123-5

f:id:chibatrain:20190310174744j:plain

↑ パンタグラフ側前面の様子

f:id:chibatrain:20190310174747j:plain

↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20190310174750j:plain

↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20190310174822j:plain

↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20190310174825j:plain

↑ 屋根上冷房装置付近の様子。

f:id:chibatrain:20190310174829j:plain

↑ パンタグラフ付近の様子

f:id:chibatrain:20190310174832j:plain

↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20190310174835j:plain

↑ 反対側前面の様子。 鉄道コレクションではこちら側には貫通幌が付かず。