CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 クモヤ145-4

f:id:chibatrain:20190309132944j:plain

クモヤ145は、1980年に登場した直流電化区間用の牽引車で、101系の改造名義で主電動機や電動発電機・台車などを流用して製作されました。

その際、車体は新製され、クモヤ143とよく似た貫通型の高運転台・1,800mmの両開き扉が片側1か所づつ配置されたものとなりました。

パンタグラフは電車庫内などでの押し込み作業を考慮して2基の搭載となり、塗装は他の事業用車両と同じ青地で前面には黄色の警戒色が配されています。

足回りは基本的に種車のままとされ、台車はDT21形、主電動機はMT46Aが流用されています。

鉄道コレクション第20弾で製品化されたクモヤ145-4は、1980年12月にクモハ101-14からの改造車として登場し、高槻電車区に配置されていました。

JR西日本のクモヤ145については、1999年から2001年にかけて主電動機がMT46AからMT54系に交換されたが、その際クモヤ145-4はクモヤ145ー1004と改番されています。

現在、クモヤ145-1004は宮原総合車両所の配置となっています。

f:id:chibatrain:20190309132947j:plain

 ↑ クモヤ145-4

f:id:chibatrain:20190309132950j:plain

 ↑ 運転台付近の様子

f:id:chibatrain:20190309132952j:plain

 ↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20190309132956j:plain

 ↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20190309133031j:plain

 ↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20190309133034j:plain

 ↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20190309133036j:plain

 ↑ パンタグラフ付近の様子

f:id:chibatrain:20190309133039j:plain

 ↑ 反対側前面の様子。