CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 山陽電鉄 700形

f:id:chibatrain:20180506183522j:plain

山陽700形は、元は1947年に運輸省から割り当てを受けて導入した20両の63系通勤形電車(ロクサン型)で、当初は800形とされました。

車番は800形800~819で、その後一部改良を受けながら、1949年には番号の下二桁はそのままで形式を700形と改められました。

その後、700系はそのほとんどが台車・機器を2700形に流用する形で廃車となりましたが、702-709の2両のみは1964年に車体更新を受け、そのまま1977年まで活躍しました。

更新といっても、小田急のような車体新造ではなく、旧車体を活用した補強であったため、小田急1800形や相鉄3000系同様に前面のデザインが貫通化されて前照灯が埋め込め式となったものの、側面にウインドウ・シル/ヘッダーがあったり、通風器が箱型通風器となるなどの特徴もありました。

鉄道コレクションでは、この特徴的702-709編成が第9弾で製品化されています。

f:id:chibatrain:20180506183525j:plain

↑ 702

f:id:chibatrain:20180506183528j:plain

↑ 709

f:id:chibatrain:20180506183531j:plain

↑ 702前面の様子。

f:id:chibatrain:20180506183534j:plain

↑ 702運転席付近側面の様子。

f:id:chibatrain:20180506183605j:plain

↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20180506183609j:plain

↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20180506183612j:plain

↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20180506183614j:plain

↑ パンタグラフ付近の様子。

f:id:chibatrain:20180506183617j:plain

↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20180506183633j:plain

↑ 703運転席付近の様子。