CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 クモユニ147-1

f:id:chibatrain:20181223161641j:plain

クモユニ147は、1983年に飯田線の新性能化に伴い導入された郵便・荷物合造車で、101系電車から5両が改造されました。

車体はクモハ143形に準じていますが、足回りは145系のシステムに勾配抑速ブレーキを追加したもので、台車や主制御器、主電動機などがクモハ143とは異なります。

塗装は飯田線に投入された119系電車と同じく、スカイブルー(青22号)に白帯(灰色9号)で登場し、豊橋機関区に配属されました。

しかしながら、1985年に飯田線での郵便・荷物輸送が廃止しされると、大垣電車区(現:大垣車両区)に転属し、クモニ83・クモユニ74形などを置き換えました。

その後、1986年の11月のダイヤ改正国鉄が郵便・荷物輸送を全面撤退したことから、全車静岡運転所(現:静岡車両区)に転属し、翌1987年にクモハ123形40番台に改造され、身延線に導入されました。

鉄道コレクションでは第20弾で飯田線塗装のクモユニ147-1が製品化されました。 

f:id:chibatrain:20181223161644j:plain

 ↑ クモユニ147-1

f:id:chibatrain:20181223161647j:plain

 ↑ パンタフラフ側前面の様子。

f:id:chibatrain:20181223161653j:plain

↑ 側面の様子 その1 

f:id:chibatrain:20181223161658j:plain

↑ 側面の様子 その2 

f:id:chibatrain:20181223161737j:plain

↑ 側面の様子 その3 

f:id:chibatrain:20181223161743j:plain

 ↑ パンタグラフ付近の様子。

f:id:chibatrain:20181223161740j:plain

↑ 台車の様子。 

f:id:chibatrain:20181223161745j:plain

↑ 屋根上の様子 

f:id:chibatrain:20181223161747j:plain

↑ パンタグラフ反対側 前面の様子。