CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 同和鉱業小坂鉄道 キハ2100形

f:id:chibatrain:20190204141137j:plain

キハ2100形は、同和鉱業が小坂鉄道事業所向けに自社発注した車両で、1962年にから1967年にかけて日本車両で7両(キハ2101-キハ2107)が製造されました。同時期に製造された関東鉄道キハ800形とほぼ同様の形態を備えた車両ですが、台車はキハ800の空気ばね台車とことなり、こちらは通常の金属製コイルばね台車を履いています。

車体は普通鋼製の20m級車体で、前面貫通扉付き、両運転台式です。

車体側面の窓は、下段上昇式の「バス窓」で、両端寄りに自動式の片開き扉を2ヵ所設置しています。

エンジンは横置きのDMH17H形ディーゼルエンジンを搭載しています。

最長3両編成で運用されることもありましたが、旅客輸送の減少により、1981年と1983年に1両ずつ(キハ2108・キハ2102)が片上鉄道に転出し、キハ800となり同線が廃止される1981年まで使用されました。

1993年にキハ2103が廃車となり、残る4両は1994年の小坂鉄道の旅客営業は廃止になるまで使用されました。

その後、キハ2101・キハ2106が廃車となり、残るキハ2105・キハ2107は弘南鉄道黒石線に譲渡され、同番号のまま1998年に黒石線が廃止になるまで使用されました。

鉄道コレクションでは、第13弾でキハ2101が製品化されましたが、キハ2101は小坂町小坂町総合博物館郷土館に静態保存されているそうです。

f:id:chibatrain:20190204141139j:plain

↑ キハ2101

f:id:chibatrain:20190204141142j:plain

↑ 前面の様子

f:id:chibatrain:20190204141144j:plain

↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20190204141146j:plain

↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20190204142817j:plain

↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20190204142820j:plain

↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20190204142823j:plain

↑ 反対側前面の様子。