CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 東武鉄道1700系

f:id:chibatrain:20200211155058j:plain

 1700系は、日光線特急用として1956年に新製投入された車両で、競合する国鉄日光線に対抗し、所要時間では劣勢だった従来の 5700系にかわり、速度と車内設備の向上を図ることを目的とされ8両が導入されました。

東武初の量産型高性能車で、75kWのモーターを各車に搭載、カルダン駆動の全電動車、MM' ユニット編成となり、最高許容速度は 145km/h(運転最高速度は 105lm/h)とされました。

全金属車体で、車体寸法や窓配置、客用扉などは 5700系に準じ、日光・鬼怒川方面への分割併合運用を前提として前面には貫通扉が設けられ、その上に前照灯1灯、左側に種別・右側に行先を表示する方向幕が設置されました。

偶数車の妻側にビッフェカウンターと売店が設置され、座席はリクライニングシートとなりました。

台車はアルストム式軸箱支持のコイルばね台車を履き、パンタグラフは奇数車の妻面側に設置されました。

1957年には洋式便所を備えた 1710系4両が増備され、浅草駅-東武日光駅間のノンストップ「けごん」号などにも使用されました。

 国鉄日光線を電化し1957年に157系を使用した準急列車を登場させましたが、東武鉄道ではこれに対抗するために 1960年に 1720系を導入しましたが 、1700系はこれと前後して 1959年から1960年にかけて冷房装置が搭載され、その後も側窓固定化・マジックドア設置・前面に前照灯2灯追加など改造工事が複数回実施されましたが、その後経年劣化に伴い痛みなどが目立ってきたため、1971年にさよなら運転を行い、1720系と同等に車体への更新改造が実施されました。

鉄道コレクションでは、2016年に東武鉄道の事業者限定品として3種類(Aセット=登場時・Bセット=冷房化後、Cセット=側窓固定化・前照灯強化後)が製品化されましたが、そのうち=Cセットを所有しています。)

f:id:chibatrain:20200211155101j:plain

 ↑ モハ1700(奇数車)

f:id:chibatrain:20200211155106j:plain

 ↑ モハ1700(偶数車)

f:id:chibatrain:20200211155109j:plain

 ↑ モハ1700(奇数車)前面の様子

f:id:chibatrain:20200211155113j:plain

 ↑ モハ1700(奇数車) 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200211155117j:plain

 ↑ モハ1700(奇数車)側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20200211155120j:plain

 ↑ モハ1700(奇数車)側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200211155128j:plain

 ↑ モハ1700(偶数車)側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200211155132j:plain

 ↑ モハ1700(偶数車)側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20200211155136j:plain

 ↑ モハ1700(偶数車)側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200211155140j:plain

 ↑ パンタグラフの様子

f:id:chibatrain:20200211155146j:plain

 ↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20200211155150j:plain

 ↑ モハ1700(偶数車)運転席付近の様子