CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 流山電鉄 モハ105

f:id:chibatrain:20200818125650j:plain

モハ105はモハ100形と呼ばれる形式で、総武流山電鉄には 101~103 と、合わせて4両が在籍していました。

元は南部鉄道が開業時に新生した車両で、15m・側面2扉の小型車ですが、流山電鉄が1949年の電化の際に払い下げられ、同鉄道に入線してきました。

鉄コレでモデル化されたモハ105は、1931年に汽車会社で製造され、南部鉄道でモハ113 として活躍、国鉄に買収されたあとに電装解除され、クハ113 →クハ6002となり、1955年に流山電鉄に入線しました。

流山電鉄に譲渡された際は片運転台のクハ化されていましたが、再び電動化され、モハ105となる際に、併せて両運転台化が実施されたそうです。

電鉄のデハ301は、元は鶴見臨港鉄道~国鉄鶴見線で活躍していたモハ115で、1930年に製造されたものです。

モハ105は、1979年の廃車になるまで活躍していました。

鉄道コレクションでは、第2段で製品化されました。

f:id:chibatrain:20200818125654j:plain

↑ モハ105

f:id:chibatrain:20200818125658j:plain

↑ パンタグラフ側前面の様子

f:id:chibatrain:20200818125702j:plain

↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200818125706j:plain

↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20200818125710j:plain

↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200818125714j:plain

↑ パンタグラフの様子

f:id:chibatrain:20200818125719j:plain

↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20200818125723j:plain

↑ 反対側 運転台付近の様子。