CHIBA TRAIN NET

コロナ禍の影響で、撮り鉄は自粛、当面は鉄道模型の記事が中心となります。

【鉄コレ】熊本電気鉄道 500形

f:id:chibatrain:20210123181604j:plain

 熊本電鉄500形は、元は静岡鉄道清水線で運用されていたクモハ100形で、老朽化車両の置き換え用として1976年と1979年の2回に渡り計2両編成3本が導入されました。

奇数車が菊池向け、偶数車が藤崎宮前上熊本向けとされ、車体の塗装は当時の熊本電鉄標準の上半分クリーム・下半分赤茶色となりました。

1980年には偶数車は電装解除され、MT比率が1:1とされました。

1986年のワンマン運転開始に伴い、ワンマン化対応の改造工事が実施され車体塗装のうち下半分が橙色に変更されましたが、1991年以降は上半分がスカイブルー・下半分が青地に朱色帯の新塗装になりました。

1996年から1999年にかけて、老朽化により順次廃車となりました。

鉄道コレクションでは第23弾でモハ501-クハ502の編成が新塗装変更後の仕様で製品化されました。

f:id:chibatrain:20210123181607j:plain

↑ モハ501

f:id:chibatrain:20210123181611j:plain

↑ クハ502

f:id:chibatrain:20210123181615j:plain

↑ モハ501 前面の様子

f:id:chibatrain:20210123181619j:plain

↑ モハ501 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20210123181623j:plain

↑ モハ501 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20210123181626j:plain

↑ モハ501 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20210123181630j:plain

↑ クハ502 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20210123181635j:plain

↑ クハ502 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20210123181638j:plain

↑ クハ502 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20210123181642j:plain

↑ パンタグラフ付近の様子

f:id:chibatrain:20210123181645j:plain

↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20210123181648j:plain

↑ クハ502 運転台付近の様子