CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 日立電鉄 モハ2230

f:id:chibatrain:20180826082947j:plain

モハ2230は、元は南武鉄道のモハ108で、モハ100形グループの2次車として1928年に製造されました。

南武鉄道では、1949年3月に廃車になり、その後、クハ21として秩父鉄道に入線しました。

しかし、木造車の交代化進行に合わせ、クハ21は標準車体に載せかえられ、旧車体は弘南鉄道に渡り、1955年に国鉄払い下げのD-16と合わせて電動車化され、モハ2230となりました。

弘南で活躍した後、1961年に同鉄道が昇圧化に伴い余剰となったため、モハ2230は日立電鉄に譲渡されました。

日立電鉄への入線に際し、番号は変更されませんでしたが、車体中央にドアが設けられ、3扉車となりました。

その後、車体更新は行われ、窓が大きくなり2段窓化され、ベンチレータもガーランド形に改造されました。

モハ2230は、1979年5月に廃車となったそうです。

鉄コレ第2弾でモデル化されたモハ2230は、窓が2段になっていないので、おそらく日立電鉄導入後の、車体更新前の時代の姿をモデル化したものと思われます。

3扉車で、日立電鉄の標準塗色であった、下半分柿色・上半分クリーム色となっていて、片運転台です。

f:id:chibatrain:20180826082951j:plain

↑ モハ2330

f:id:chibatrain:20180826082953j:plain

↑ 前面の様子。

f:id:chibatrain:20180826082956j:plain

↑ 運転台付近側面の様子。

f:id:chibatrain:20180826082959j:plain

↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20180826083026j:plain

↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20180826083028j:plain

↑ パンタフラフの様子。

f:id:chibatrain:20180826083032j:plain

↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20180826083034j:plain

↑ 反対側の前面の様子。