CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 一畑電気鉄道 2100系

f:id:chibatrain:20181117135917j:plain

一畑電気鉄道2100系は、京王帝都電鉄5000系を譲り受け、京王重機整備にて改造した車両で、1994年から1995年にかけて2連×4本の8両が導入されました。

編成はデハ2100+デハ2110形の2連で、車体は18m級3扉車の普通鋼製ですが、後期に導入された2連2本は中央の扉を埋めて2扉化されました。

制御方式は抵抗制御で、主要機器類は主電動機として三菱製のMB-3054を使用し、駆動装置は中空軸平行カルダンく移動方式です。

台車は帝都高速交通営団3000系から流用したFS510を履いていて、デハ2100形にはパンタグラフが1基設置されました。

老朽化のため、2018年1月に1編成が引退し、その後更に1本が検査期限のタイミングに合わせて廃車される見通しですが、残る2編成は車体修繕を行った上で更に15年程度使用される予定です。

鉄道コレクションでは、第11弾でデハ2104-デハ2114編成が製品化されています。

f:id:chibatrain:20181117135920j:plain

 ↑ デハ2104

f:id:chibatrain:20181117135922j:plain

 ↑ デハ2114

f:id:chibatrain:20181117135925j:plain

 ↑ デハ2104前面の様子

f:id:chibatrain:20181117135928j:plain

 ↑ デハ2104 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20181117140003j:plain

 ↑ デハ2104 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20181117140008j:plain

 ↑ デハ2104 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20181117140011j:plain

 ↑ デハ2114 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20181117140013j:plain

 ↑ デハ2114 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20181117140019j:plain

 ↑ 屋根上の冷房装置は分散式。

f:id:chibatrain:20181117140045j:plain

 ↑ パンタグラフの様子。

f:id:chibatrain:20181117140704j:plain

 ↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20181117140050j:plain

 ↑ デハ2104前面の様子。