CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 羽後交通 キハ3

f:id:chibatrain:20190122113010j:plain

羽後交通キハ3は1957年に川崎車両で製造された横荘線用の液体式機動車です。

当時流行の前面がやや傾斜した2枚窓の湘南スタイルを持つ車両ですが、動力台車側には荷台を持っていたため、スタイルを崩しており、マニアの間では田舎湘南とも呼ばれていたそうです。

1971年の横荘線廃止の際、雄勝線へ転属となり、エンジンをおろして客車化され、車名もホハフ8と変更されました。

1982年にはクハ5の廃車発生品を取り付け制御化されましたが、このときにこの特徴的な荷台は撤去されています。

1985年には老朽化のために廃車となっています。

鉄道コレクションでは、第10弾で製品化されています。

f:id:chibatrain:20190122113014j:plain

↑ キハ3

f:id:chibatrain:20190122113018j:plain

↑ 荷台のついた前面の様子。

f:id:chibatrain:20190122113021j:plain

↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20190122113023j:plain

↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20190122113045j:plain

↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20190122113048j:plain

↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20190122113050j:plain

↑ 荷台は片側にしかついていませんでした。 荷台つきと反対側前面の様子。