CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 東武鉄道 キハ2000形

f:id:chibatrain:20180811104426j:plain

キハ2000形は、1954年に熊谷線(熊谷-妻沼間)用として東武鉄道が3両導入した液体式気動車です。

車体は全長16.5m、片側2扉で定員は109人(座席は62人)、前面は2枚窓の湘南スタイルで、側面窓は上段Hゴム固定の「バス窓」となっています。

車内はセミクロスシートで、運転席は開放的な半室構造となり、乗務員扉はありませんでした。

エンジンは国鉄標準型のDMF-13(120ps/1,500rpm)を搭載し、液体変速機も国鉄標準のTC-2形で、連結運転時に複数車両を先頭車から一括して制御する総括制御が可能でした。

塗装は登場時はライトブルーとベージュのツートンでしたが、後にロイヤルベージュとインターナショナルオレンジのツートンに変更され、更に1970年代中期にはセイジクリーム1色となっています。

閑散期は単行、ラッシュ時は2連で運行されていましたが、1983年の熊谷線廃止とともに全車廃車となりました。

鉄道コレクションでは第10弾で晩年のセイジクリーム塗装で製品化されたキハ2002を所有しています。

f:id:chibatrain:20180811110156j:plain

↑ キハ2002

f:id:chibatrain:20180811104429j:plain

 ↑ 前面の様子

f:id:chibatrain:20180811104432j:plain

 ↑ 運転席側側面の様子。

f:id:chibatrain:20180811104434j:plain

 ↑ 屋根上ベンチレータの様子。

f:id:chibatrain:20180811104437j:plain

 ↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20180811104503j:plain

 ↑ 側面の様子。

f:id:chibatrain:20180811104505j:plain

 ↑ 反対側運転台付近側面の様子。

f:id:chibatrain:20180811104508j:plain

 ↑ 反対側前面の様子。