CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】秋田内陸縦貫鉄道 AN8800形

f:id:chibatrain:20190302200714j:plain

秋田内陸縦貫鉄道のAN8800形は、暫定開業後から使用されていた国鉄からの借り入れ車キハ22形の置き換え用として1988年2月に登場し、全線開業を待たずに9両が製造されました。

NDRシリーズの車両で車体長は18.5m、基本仕様は同世代の若桜WT2500形と共通ですが、寒冷地を走るため乗客用扉が引戸となっています。

車内はセミクロスシートで、トイレ・ワンマンの設備を持ち、走行機関は、直噴式の6H13AS(250PS)を床下に1基搭載しています。

当初は、全車がアイボリー地に赤帯の内陸線標準塗装でしたが、現在はAN-8804以外はそれぞれ異なる色の塗装で運用されています。

鉄道コレクションでは、第19弾で製品化された、標準塗装のAN-8804を所有しています。

f:id:chibatrain:20190302200718j:plain

 ↑ AN-8804

f:id:chibatrain:20190302200722j:plain

 ↑ 前面の様子

f:id:chibatrain:20190302200725j:plain

 ↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20190302200729j:plain

 ↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20190302200753j:plain

 ↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20190302200756j:plain

 ↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20190302200759j:plain

 ↑ 反対側 運転台付近の様子