CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 銚子電鉄 デハ501/新塗装

f:id:chibatrain:20190321164841j:plain

 

鉄道コレクションのデハ501は、新塗装のデハ301と合わせてオープンパッケージで製品化されたもので、デハ301同様、第一弾で発売された旧塗装よりも細かな部分でより実感的に作られています。

実車は、元は近江鉄道で使用されたクハ23で、1948年に登場しました。
その後、同型のクハ25とともに上田交通(現:上田電鉄)に譲渡され、電装化されてモハ2321となりました。

当初は前面が非貫通でしたが、1962年に他の車両と編成を組むためにパンタフラフ側が貫通型に改造されました。

上田交通では、丸子線で活躍していたのですが、同線が廃線となった後、1972年に西武所沢工場で改造の上の銚子電鉄に譲渡されました。

銚子電鉄に入線した際、その前面は銚子寄りが非貫通型で外川寄りが貫通型、パンタグラフは外川寄りとなりました。

デハ501は、車両長12メートルながら、4個もモータを装備し非常に力持ちでしたが、逆に消費電力もそれなりに大きく、デハ800形の入線以降は予備車となり、1999年には廃車となってしまいました。

f:id:chibatrain:20190321164844j:plain

↑ デハ501

f:id:chibatrain:20190321164846j:plain

↑ パンタグラフ側前面の様子

f:id:chibatrain:20190321164849j:plain

↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20190321164852j:plain

↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20190321164943j:plain

↑ パンタグラフ付近の様子。

f:id:chibatrain:20190321164941j:plain

↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20190321164946j:plain

↑ 屋根上の様子

f:id:chibatrain:20190321164949j:plain

↑ パンタグラフと反対側の様子。