CHIBA TRAIN NET

現在は模型中心。今後、過去も実車の写真・記事を少しづつ整理・リニューアルいたします。

【鉄コレ】真岡鐵道 モオカ63型

f:id:chibatrain:20210422203243j:plain

真岡鐵道モオカ63型は、真岡線が1988年4月にJR東日本から真岡鐵道が経営を引き継ぎ 開業した際に導入された車両で、富士重工業により8両が製造されました。

開業から半年後(1988年10月)に2両、1993年の1両が増備され、最終的には11両となりました。

当時富士重工業が第3セクター鉄道向けに製造していた LE-CarII シリーズで、車体は1985年以降に明知鉄道樽見鉄道天竜浜名湖鉄道などで導入されたものと同様の15m級普通鋼製車体で、バス車体工法を取り入れ、側面の屋根は浅く、側面にはリベットが打ち込まれていました。

両側にバス用の折り扉を設置し、扉間の窓は中間3組だけが上段固定下段横引き窓となりました。

座席は出入口をロングシート・中間をボックスシートとしたセミクロスシートで、エンジンは小松製でブルドーザー用をベースに縦置きに設計したものを搭載、台車は片方のみが駆動台車の空気ばね式二軸ボギー台車となりました。

2002年以降、老朽化によりモオカ14形への置き換えが進められ、モオカ63型は2006年12月までに全車引退となりました。

鉄道コレクションでは、第15弾で製品化されました。

f:id:chibatrain:20210422203247j:plain

↑ モオカ63ー1

f:id:chibatrain:20210422203250j:plain

↑ 前面の様子

f:id:chibatrain:20210422203254j:plain

↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20210422203257j:plain

↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20210422203301j:plain

↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20210422203305j:plain

↑ 台車の様f:id:chibatrain:20210422203309j:plain

 ↑ 反対側 運転台付近の様子