CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 一畑電気鉄道 3000系

f:id:chibatrain:20181214203342j:plain

3000系は1962年に帝国車両で製造された、元南海鉄道のズームカー・21000系です。

一畑電鉄では、1996年12月にモーター付き8両を譲り受けてワンマン化改造を施し、翌年2月から2両編成4本が営業運転を開始しています。

編成は、デハ3000形(Mc)+デハ3010形(Mc)の2連で、塗装は、黄色をベースに、扉と正面帯が紺色・側面下部が白色の一畑色となっています。

車内はロングシートを装着し、側扉付近に乗車整理券発行機を、運転台後部に料金箱を設置しています。

制御方式は抵抗制御であり、駆動装置は中空軸並行カルダン駆動方式を採用、台車はFS17Aを履いています。

鉄コレでは、第3弾でモデル化されました。

パンタグラフは、デハ3007側に2基ありましたが、運転席側の1基のみが使用され、もう1基は撤去されています。)

実物は、ワンマン運転用に正面窓の両脇にサイドミラーが付けられていますが、模型ではそこまでは表現されていません。

f:id:chibatrain:20181214203345j:plain

↑ デハ3007

f:id:chibatrain:20181214203347j:plain

↑ デハ3017

f:id:chibatrain:20181214203349j:plain

↑ デハ3007前面の様子

f:id:chibatrain:20181214203352j:plain

↑ デハ3007 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20181214203457j:plain

↑ デハ3007 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20181214203459j:plain

↑ デハ3007 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20181214203503j:plain

↑ デハ3017 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20181214203506j:plain

↑ デハ3017 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20181214203509j:plain

↑ パンタグラフの様子。

f:id:chibatrain:20181214203547j:plain

↑ デハ3007の後方のパンタグラフは撤去されました。

f:id:chibatrain:20181214203550j:plain

↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20181214203552j:plain

↑ 屋根の上に搭載された集中式冷房装置

f:id:chibatrain:20181214203554j:plain

↑ デハ3017 前面の様子。