CHIBA TRAIN NET

コロナ禍の影響で、撮り鉄は自粛、当面は鉄道模型の記事が中心となります。

【鉄コレ】 一畑電気鉄道 デハ3(デハ1型)

f:id:chibatrain:20201215160608j:plain

一畑電気鉄道デハ1型は、同鉄道の北松江線電化開業に際して導入された車両で、1927年に日本車両製造で5両が製造されました。

なお、後にクハ14形が電動車化されデハ7となったため、総数は6両に増えています。

途中、他形式への改造・改番も多く行われましたが、1978年にはデハ1形として残ったデハ3・デハ6が大社線のワンマン化に伴い、自動・ワンマン化され、1998年の廃車まで活躍しました。

車両は16m級の半鋼製車体で、3扉ロングシート、「日車標準車型」と呼ばれる標準規格で作られています。

製造された時期がダブルルーフからシングルルーフへの移行期にあたり、デハ1型の屋根はシングルルーフですが、車内の天井はダブルルーフになっています。

鉄道コレクションでは、第12弾でデハ3が製品化されています。

f:id:chibatrain:20201215160612j:plain

↑ デハ3

f:id:chibatrain:20201215160616j:plain

↑ パンタグラフ側前面の様子

f:id:chibatrain:20201215160620j:plain

↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20201215160623j:plain

↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20201215160627j:plain

↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20201215160631j:plain

↑ パンタグラフの様子

f:id:chibatrain:20201215160635j:plain

↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20201215160639j:plain

↑ 反対側 運転台の様子