CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 銚子電鉄 デハ301/新塗装

f:id:chibatrain:20190414101048j:plain

デハ 501と2両セットで発売された、晩年塗装のデハ 301です。

第1弾で発売された旧塗装より、さらに出来はよくなっています。

銚子電鉄のデハ301 は、元は鶴見臨港鉄道~国鉄鶴見線で活躍していたモハ115 で、1930 年に製造されたものです。

1948 年に鶴見線が昇圧され、働き場所を失うことになりますが、その後 1951年に鉄道自動車で改造を受けて、銚子電鉄に入線しました。

この同型の車両は、国鉄、北恵那鉄道、上毛電気鉄道、静岡鉄道、上田丸子電鉄、山形交通などに残っていました。

デハ 301 系の集電装置は、銚子電鉄に入る際にトローリーポールに取り替えられ、その後ヒューゲルに変更されましたが、1991 年にはパンタグラフに戻されています。
デハ301 は、元帝都高速度交通営団の 2000系(銚子電鉄 1000 系)が導入された以降も、しばらくは活躍していましたが、その後予備車扱いとなり、廃車となりました。

f:id:chibatrain:20190414101052j:plain

↑ デハ301

f:id:chibatrain:20190414101055j:plain

↑ 前面の様子。

f:id:chibatrain:20190414101853j:plain

↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20190414101856j:plain

↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20190414101858j:plain

↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20190414101901j:plain

↑ パンタフラフ付近の様子

f:id:chibatrain:20190414101904j:plain

↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20190414101935j:plain

↑ パンタフラフ反対側前面の様子。