CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 三陸鉄道 36-500形

f:id:chibatrain:20200516125725j:plain

キハ36-500 形は、三陸鉄道が導入した新潟鉄工所の「NDCシリーズ」の車両で、1994 年2月22 日の南リアス線甫嶺駅付近で起きた強風による列車脱線事故に2両が廃車となり、予備車が不足してしまったため、同年 12月に製造されました。

全長は既存車と同じ 18.5m で、エンジンはDMF13HZ( 330ps/2000rpm)を1基搭載、車内はワンマン運転対応に設備を持ち、客室内はセミクロスシートとなりました。

北リアス線で活躍していましたが、輸送量が減少して余剰車が生じた際、車歴は若いものの1両だけの存在だけであったため、2009 年に廃車となってしまいました。

鉄道コレクションでは、第19弾で製品化されました。

f:id:chibatrain:20200516125729j:plain

 ↑ キハ36-501

f:id:chibatrain:20200516125732j:plain

 ↑ 前面の様子

f:id:chibatrain:20200516125736j:plain

 ↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200516125743j:plain

 ↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20200516125748j:plain

 ↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200516125740j:plain

 ↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20200516125752j:plain

 ↑ 反対側運転台付近の様子