CHIBA TRAIN NET

現在は模型中心。今後、過去も実車の写真・記事を少しづつ整理・リニューアルいたします。

【鉄コレ】 紀州鐵道 キハ603

f:id:chibatrain:20201107215412j:plain

紀州鉄道キハ600形は、元大分交通耶馬渓線の車両で、1960年に新潟鐵工所で新製造され、耶馬渓線の廃止後、1975年に紀州鉄道に譲渡されました。

車体は 18m級の両運転台車で、正面は2枚窓、側面はバス窓でその下には補強帯(ウィンドウシル)が残されていました。

車内はボックスシートと車端部がロングシートセミクロスシートで、床は油引きの板張り、室内灯は白熱灯が使用されていました。

エンジンは DMH17B(160PS)を搭載、液体変速機を搭載していますが総括制御はできませんでした。

キハ603とキハ602の2両が在籍し、当初は2両とも運行されていましたが、冷房がなく車歴も高いことから、キテツ1形の導入後はキハ603が金曜日から日曜日・祝日のみの運用となり、キハ602は予備車となり、後に2010年12月に解体されました。

キハ603は 2009年10月に運行を終了、2012年6月に除籍となりました。

その後は御坊市の本町商店街振興組合が譲り受け、現在はたこやき屋と飲食店が入居する形で静態保存されています。

鉄道コレクションでは、第22 弾で製品化されました。

f:id:chibatrain:20201107215416j:plain

↑ キハ603

f:id:chibatrain:20201107215420j:plain

↑ 前面の様子

f:id:chibatrain:20201107215425j:plain

↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20201107215430j:plain

↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20201107215437j:plain

↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20201107215433j:plain

↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20201107215441j:plain

↑ 反対側 運転台付近の様子