CHIBA TRAIN NET

現在は模型中心。今後、過去も実車の写真・記事を少しづつ整理・リニューアルいたします。

鉄道コレクション:ローカル私鉄

f:id:chibatrain:20210911131254j:plain

MENU

 

ローカル私鉄車両(東日本)

f:id:chibatrain:20210306115559j:plain

北海道地方私鉄

f:id:chibatrain:20200502113947j:plain

元々北海道には民間私鉄が少なく、製品化された鉄道コレクションとしては路面電車を除けば以下の4つしかありません。

車両リスト

弘南鉄道

f:id:chibatrain:20200505174116j:plain

弘南鉄道は、青森県の弘前市を中心に弘南線と大鰐線の2つの路線を運営する鉄道です。

鉄道コレクションでは、初期の頃に元東急の車両を中心に製品化されています。

車両リスト

阿武隈急行

阿武隈急行線は東北本線の福島駅と槻木駅を結ぶ 54.9km の路線で全線単線・交流電化されています。

当初は東北本線のバイパス線として計画され、1968年に槻木駅~丸森駅(17.4km)が国鉄丸森線として部分開業しましたが、1986年7月1日に第三セクター方式で発足した「阿武隈急行株式会社」に運営が引き継がれ、1988年7月1日、工事区間であった福島駅-丸森駅間(37.5km)が全通しました 。

8100系

f:id:chibatrain:20210522173548j:plain

福島交通

福島交通は、バス事業がメインの会社ですが鉄道事業も行っていて、福島-飯坂温泉を結ぶ 9.2km の路線(飯坂線)を所有しています。

飯坂線は、1991年6月に架線電圧を 750V から 1500V に昇圧して以降は使用車両も一新され、その後は元東急 7000系の譲渡車に統一されていましたが、老朽化により 2016年から 2019年の間に元東急 1000系に置き換えられました。

7000系

f:id:chibatrain:20210505164048j:plain

1000系

f:id:chibatrain:20210508182358j:plain

会津鉄道

会津鉄道は、西若松駅と会津高原尾瀬口駅を結ぶ57.4kmの単線で、1987年7月に東日本旅客鉄道会津線から、第3セクター方式の同鉄道に経営が引き継がれたものです。

このうち、会津田島駅-会津高原尾瀬口駅間15.4kmは直流電化され、東武鉄道・野岩鉄道からの直通列車が運転されています。

6050系200番台

f:id:chibatrain:20210418202641j:plain

キハ8500形

f:id:chibatrain:20210502174407j:plain

その他/東北地方私鉄

f:id:chibatrain:20200613172225j:plain

車両リスト

東北は、国鉄やJR東日本からの転換・第三セクター方式の私鉄が多く、車両もこうした地域向けのNDC(軽快気動車)が多数あります。

真岡鐵道

真岡鐵道は下館駅と茂木駅を結ぶ41.9kmの単線・非電化の路線で、旧国鉄の特定地方交通線を栃木県や沿線地治体が出資して発足した第三セクター方式の真岡鐵道が1988年4月に引き継ぎました。

1994年から運行される「SLもおか」は有名で、現在もC12蒸気機関車と50系客車3両編成により運転されています。

モオカ63型

f:id:chibatrain:20210429181508j:plain

茨城交通(ひたちなか海浜鉄道)

茨城交通は、かつては湊線(勝田駅-阿字ヶ浦駅間14.3km)や水浜線(上水戸駅-湊駅間20.5km、1966年廃止)・茨城線(赤塚駅-御前山駅間25.2km、1971年廃止)の3路線を保有していました。

水浜線・茨城線廃止後も湊線の運営を近年まで行ってきましたが、輸送人員の減少に伴う赤字経営のため、2008年4月に湊線の経営は第三セクター方式で設立されたひたちなか海浜鉄道に移管され、現在に至っています。

ひたちなか海浜鉄道/キハ3710形

f:id:chibatrain:20210612173917j:plain

関東鉄道

f:id:chibatrain:20200820220009j:plain

関東鉄道は、1965年に常総筑波鉄道と鹿島参宮鉄道の合併により発足した鉄道で、一時期は茨城県下に5路線を展開・運営していましたが、現在は常総線(取手駅-下館駅間 51.1km)及び竜ヶ崎線(佐貫駅-竜ヶ崎駅間 4.5km )を運営しています。

全線非電化ですが、常総線の取手駅ー水海道駅間 17.5km の区間は複線で列車の運転本数も多くなっています。

車両リスト

その他/北関東地方私鉄

f:id:chibatrain:20200823205550j:plain

茨城・栃木・群馬のローカル私鉄の車両です。

すでに廃止となった日立電鉄・鹿島鉄道の車両も製品化されています。

車両リスト

銚子電鉄

f:id:chibatrain:20200429164640j:plain

銚子電鉄は銚子駅と外川駅を結ぶ 6.4km の私鉄で昔から小型の電車などが活躍してきました。

鉄道コレクションでは数多く製品化されていますが、地元と千葉ということもあり、それなりに所有しています。

車両リスト

その他/南関東地方私鉄

f:id:chibatrain:20201017205933j:plain

千葉県の鉄道(小湊鐵道・いすみ鉄道・流鉄)の他、箱根登山鉄道などの車両も製品化されています。

掲載写真も順次更新予定です。

車両リスト

新潟交通

新潟交通は、現在はバス会社として新潟市を中心に路線バスなどを営む会社ですが、かつては燕市から白山前駅(新潟市内)に至る 36.19kmの鉄道路線を運営していました。

このうち、白山前駅から 2.2km の区間は軌道線扱いとなっていました。

同路線は、1999年4月5日に全線が廃止となり、路線バスに転換されました。

モワ51

f:id:chibatrain:20210417110244j:plain

モハ14

f:id:chibatrain:20210514172640j:plain

越後交通

新潟県長岡市を中心に路線を持つバス会社ですが、かつては長岡線(来迎寺駅-寺泊駅間)39.2kmと栃尾線(悠久山駅-栃尾駅間)26.5km の2つの鉄道路線を所有していました。

長尾線は 1995年4月1日(旅客営業は 1975年4月1日)に、栃尾線は 1975年4月1日にそれぞれ廃止となりました。

1400形

f:id:chibatrain:20210328095631j:plain

蒲原鉄道

新潟県五泉市を中心に、コミュニティバスや高速バスなどを運行している会社で、かつては加茂駅から五泉駅に至る21.9kmの鉄道路線を運営してました。

1985年4月に加茂駅-村松駅間が廃止になり 4.2kmのミニ路線となりましたが、この区間も 1999年10月に廃止となりました。

クハ10

f:id:chibatrain:20210403191535j:plain

富士急行

f:id:chibatrain:20200813072930j:plain

大月線(大月駅-富士山駅)23.6kmと河口湖線(富士山駅-河口湖駅)3.0kmを運営し、現在は特急も運転され、JRからの直通列車も多く走っています。

大月線・河口湖線の両線は、富士山駅を経由して直通運転が行われています。

車両リスト

伊豆急行

伊豆急行線は、伊東駅と伊豆急下田駅間 45.7km を結ぶ全線電化・単線の観光路線で、1961年の開業以来東海道本線より国鉄・JRの優等列車も乗り入れています。

自社車両としては、開業時に登場した 100系が 2002年まで使用されていましたが、200系(JR東日本から譲渡された 113系・115系)に置き換えられ引退となりました。

現在は、2100系及び 8000系(元東急 8000系)が運用されています。

伊豆箱根鉄道

伊豆箱根鉄道は、静岡県を伊豆地方にある駿豆線(三島駅-修善寺駅間)19.8kmと、神奈川県の小田原から延びる大雄山線(小田原駅-大雄山駅)9.6kmの2路線を運営しています。

車両は西武鉄道グループということもあり、以前より元西武鉄道の譲渡車両を運用してきました。1979年以降は自社発注車両も導入してきましたが、2008年以降は西武鉄道新101系の譲渡車も運用しています。

大雄山線は車両限界の関係から、18m級車両が運用されています。

  • 1300系
  • 1300系(イエロー)(掲載予定)
  • 3000系(掲載予定)
  • 6000系(掲載予定)

岳南鉄道

f:id:chibatrain:20200813191454j:plain

岳南鉄道(現:岳南電車)岳南線は、総長 9.2km という小規模のローカル鉄道ですが、製紙工場などの沿線を走り 2013年3月までは貨物輸送も本格的に行なわれていました。

かつては木造車の鋼体化車両や元小田急車など、様々な種類の旧型車が使用されていました。

車両リスト

ローカル私鉄車両(西日本)

f:id:chibatrain:20210307191623j:plain

富山地方鉄道

f:id:chibatrain:20200516185737j:plain

本線(電鉄富山駅-宇奈月温泉駅)や立山線を中心に、富山県東部に総延長キロ 100.7km(2015年3月14日現在)の路線網(鉄道路線及び軌道路線)を持つ私鉄です。

車両リスト

北陸鉄道

f:id:chibatrain:20200516192610j:plain

かつては石川県加賀地方全域と能登地方に沢山の路線を持っていましたが、モータリゼーションの影響で廃止が進みましたが、現在は石川線(野町駅-鶴来駅)、浅野川線(北鉄金沢駅ー内灘駅)の2路線 20.6kmを運営しています。

車両リスト

上田交通(上田電鉄)

現在は別所線(上田駅-別所駅)11.6km の路線を運営しています。

運営会社は、かつては名称も異なり合併や社名変更が何度か行われましたが、1969年以降は上田交通が同線を運用していました。

その後、同社の鉄道部門が分社化・子会社化する形で上田電鉄が発足し、現在は同会社によって運用されています。

以前は青木線・丸子線などの路線も存在しましたが全て廃止となり、現在は別所線のみが運営されています。

7200系①「まるまどりーむ号」

f:id:chibatrain:20210314171434j:plain

長野電鉄

長野駅と湯田中駅を結ぶ 33.2kmの路線を運営する鉄道で、かつてはこの他にも河東線(信州中野駅-木島駅間 50.4km)や屋代線(屋代駅-須坂駅間 24.4km)なども運営していましたが、いずれも2000年以降に廃止になっています。

鉄道コレクションでは、特急形の 2000系やOSカー、営団から譲渡された 3500系なども製品化されています。

8500系

f:id:chibatrain:20210502174411j:plain

松本電鉄/アルピコ交通

現在は、上高地線(松本駅-新島々駅)14.4km の路線を運営しています。

旧社名は松本電機鉄道でしたが、2011年にアルピコ交通に社名変更しています。上高地線は、以前は新島々駅-島々駅の 1.3km の路線も運営していましたが、1983年に災害のため休止となり、1985年に廃止となりました。

かつては松本市東郊外部に浅間線という軌道(路面電車)も保有していましたが、1964年に廃止となっています。

モハ103

f:id:chibatrain:20210313185307j:plain

明知鉄道

特定地方交通路線に指定された国鉄明知線(恵那駅-明智駅)25.1km の経営を引き継いだ第三セクター鉄道で、1985年に「明知鉄道」として開業しました。

終着駅の明智駅は、国鉄時代は明知駅となっていました。明智駅構内には、C12-244 号機が保存されています。

アケチ1形

f:id:chibatrain:20210306104759j:plain

静岡鉄道

f:id:chibatrain:20200815152502j:plain

静岡鉄道は、静岡市葵区の新静岡~清水区の新清水駅を結ぶ 11.0kmの路線(静岡清水線)を運営する鉄道です。

新清水線では、かつては自社工場で製造した車両や他からの譲渡車が運用されていましたが、1973年以降は全ての列車が 1000形により運用されていました。

1000形の老朽化に伴い、今後は A3000形へ置き換えが順次実施されます。

車両リスト

天竜浜名湖鉄道

天竜浜名湖鉄道は、元国鉄特定地方交通線の二俣線を引き継いで 1987年に開業した第3セクターで、掛川-新所原間を結ぶ 67.6km の非電化・単線の路線です。

鉄道コレクションでは、初期に導入された TH1型が製品化されました。

TH1型

f:id:chibatrain:20210320091609j:plain

豊橋鉄道

f:id:chibatrain:20210206094607j:plain

豊橋鉄道渥美線は、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ 18.0km の路線で、創業期は 10m級の二軸単車なども運用されていました。代々他社からの譲渡車が使用されてきましたが、現在は元東急 7200系に統一され、全車両3両編成で運用されています。

車両リスト

その他/中部地方私鉄(西日本)

※ 現在記事をメンテナンス中!!

車両リスト

近畿・関西地方私鉄

f:id:chibatrain:20200921222854j:plain

車両リスト

一畑電気鉄道

f:id:chibatrain:20200921224036j:plain

島根県の出雲市を中心とする路線を運用する私鉄で、かつては5線を保有していましたが、モータリゼーションの影響でうち3路線が廃止となり、現在は北松江線(電鉄出雲市駅-松江しんじ湖温泉駅間 33.9km )と大社線(川跡駅-出雲大社前駅 8.3km )の2路線を運営しています。

車両リスト

高松琴平電気鉄道

f:id:chibatrain:20201116200056j:plain

高松琴平電気鉄道は、現在は香川県に琴平線・長尾線・志度線の3つの路線を運営しており、琴平線は1985年以降は京浜急行電鉄や京王帝都電鉄(現:京王電鉄)の譲渡車両が導入・運用されていますが、志度線では路線規格の問題で18m級以上の車両が入線できないことから、元名古屋市営地下鉄譲渡車の 15.5m級の車両のみで運用されています。

車両リスト

その他/中国・四国私鉄

f:id:chibatrain:20201213190229j:plain

関東に在住の管理者にとっては西日本のローカル私鉄はほとんど馴染みがなく、実車のなかなか撮りに行けないのですが、鉄道コレクションではレギュラーシリーズで製品化されたものを中心に車両を保有しています。

車両リスト

九州地方私鉄

f:id:chibatrain:20210117143853j:plain

九州のローカル私鉄は、島原鉄道・熊本電気鉄道などが製品化されています。

主にレギュラーシリーズで製品化されたものを所有しています。

車両リスト